ワキガはセルフチェックと毎日のケアで管理しましょう!

ワキの臭い(ワキガ)の原因は脇汗とワキの雑菌にあります。

 

脇汗が多い方、最近、洋服やインナー、下着が黄ばんだり臭い方、足の臭いがキツイ方はほぼワキガの臭いを周囲に発していると考えたほうがよいです。ワキガは毎日の予防対策(入浴、脇毛処理など)と専用のクリームで改善、消臭できますので、気にしつつ、気にしすぎないようにケアしていけば大丈夫です。

 

女性の場合、脇毛の処理、ワキの脱毛、除毛をしている方が多いので脇汗が目立ちやすく、汗がたまり、シミになりやすいですのでパッド等で汗を吸収すると同時に、脇汗そのものを抑えるクリームを利用しましょう。毛の量が少ないと脇汗が目立ちますので、ワキ処理をしている女性と同様、男性もワキの臭い対策だけでなく、脇汗をストップするために専用のクリームを利用しておきましょう!

 

また男性だからと脇毛を処理していないと臭いがいつまでも残る原因になります。男性でワキガが気になる方は脇毛の量を減らすためのグルーミングをしたり、専用のハサミで毛を短くするとワキの臭いが残りにくくなります。

 

最近は男性でもワキ毛は少なめか、もう剃ったり、抜いたり、脱毛している人もいますからね。
※欧米の方では男性のアンダーヘアー、スネの脱毛は当たり前で、、、ワキの方もツルツルにしている人が増えているみたいです(-_-;)

 

アポクリン汗腺からでる分泌物がクサイ脇汗

ワキガの原因ともなるワキ毛の皮下脂肪層にあるアポクリン汗腺からでる分泌物。アポクリン汗腺からでる分泌物には脂、たんぱく質、色素、鉄分、アンモニア、尿素が含まれています。
(ワキの染みが黄色い原因はコチラですね。)

 

 

分泌されたときは無臭ですが、雑菌と混ざり合うことでワキガを発する原因になります。

 

一方、普通の汗はエクリン汗腺からでてきます。

 

アポクリン汗腺⇒分泌物⇒雑菌と混ざるとワキガ
エクリン汗腺⇒汗⇒衣類などに混ざると悪臭に

 

ということで、ワキガの改善、対策をする場合は「アポクリン汗腺からでる分泌物」「エクリン汗腺」対策が必要だ!ということになりますね!

 

脇汗+雑菌や汚れ⇒強烈なワキガに(・∀・)

ワキガの発生原因の多くは汗と衣類や皮膚表面に付着した雑菌が混ざり合うことで発生しています。ワキガのニオイの悩みはトータルでみると「口臭」「加齢臭」に次ぐ、第三位の悩みとしてランキングされています。
※ワキガは結構ケアしている人がおおいですから三位くらいなのですね。

 

ただ、春、夏、秋などの汗をかく季節、発汗が多くなる季節の場合、口臭を抑えて体臭、ニオイの悩みの実質的一位は圧倒的に「ワキガ」なんです。

 

しかも女性のワキガは実は男性よりも多いというデータも・・。

 

 

実は脇汗自体は無臭なのです。が、発汗したワキ汗が衣類や皮膚表面に付着した雑菌が混ざり合うことで強烈なワキガ(腋臭)となって、あの独特で強烈なニオイを発します。
また、ワキガのニオイも他人の鼻の位置に近いことから、口臭と同様に直接ニオイを感じるため、更にスメハラ状態になってしまいます。

 

ということで、ワキガ対策はもうマナー対策、エチケットということになりますので、ワキのニオイが気になる方、シャツのワキが黄ばんでいる方は毎日のワキガ対策をお忘れなく!

ワキガは女性の方がクサイ!?

ワキガの臭いは男性だけでなく女性にもあります!!というか、女性の方が臭いが強烈なことが多いのはご存じですか?(ワキの処理をしているからですね。)

 

正直、ワキガの臭いは足と頭皮の臭いと同レベルで他人に迷惑かけてます!(それだけ強烈です。。)

 

ワキの臭いはワキ汗(脇汗)がアポクリン腺からでてくるんですが、この汗がワキに残った雑菌(ばい菌)や汚れに加えて、脂質が混ざり合った臭いに加えて、ワキは衣類の中でこもるので更に臭いは強烈になります。。更にワキ汗がワキガに変わりますが、ワキガがキツイ人はシャツのワキ部分がワキ汗で黄ばんできます。。。

 

もうこのシャツや下着の黄ばみをみただけで・・・ドン引きです。。。。
満員電車での脇汗、ワキガはほんとに地獄ですしね。。

 

というわけで、ワキガを予防するには、ワキ汗を抑えることと、ワキ汗の質を変えることが大事です。

 

制汗剤、制汗クリームは当たり前の日本

強烈なワキガ・・・女性でも男性でも嫌です。。。満員電車や職場、学校でも自分のワキが臭かったり、匂いを感じたりすると・・・きついですよね。。。

 

脇汗や臭いを改善するにはワキガを抑える人気のクリームやローションを利用することで対応できますよ♪

 

ワキガのニオイを改善するにはちょっとした対策をするだけで大丈夫。あまり考えすぎずにできることをしっかりしておけばワキのニオイは大きく改善しますよ♪
ワキの臭いや脇汗が気になる方は是非試してみてくださいね♪

 

ちなみに、脇毛が少ないとワキの雑菌や脇毛に付着する臭いが弱くなるのでワキガの臭いは弱くすることが出来ます。が、女性の場合、ワキも無毛になるのでワキ汗の量が半端なく、その汗と分泌物で臭いが強烈になります。消臭クリームやワキパッドの交換など毎日のケアをお忘れなく!

 

女性の場合はサロン脱毛での永久脱毛をしていたり、脱毛器やカミソリ、除毛クリームなどで処理しているので脇毛がありませんが、男性でも脇毛の量を少し減らす(カット、すく)とよいですよ。

 

↓すぐにできるワキガ対策はコチラ

・ワキガ対策のクリームを利用する
エチケットとして必ずしておきたいのがワキガ対策のクリームを利用しておくこと。
汗も抑えてニオイも抑えられます。普通の生活をしていて、クリームを利用すれば大体の方はワキガを抑えられます。

 

・毎日入浴する
当たり前のことですが、毎日の入浴は欠かせません。シャワーだけでなく、湯船に使って軽く汗がでるくらいが丁度良いと言われています。
お風呂にミョウバン水を入れると更によいようです。

 

・薬用石鹸(ボディーソープ)、柿渋石鹸を利用する
体臭対策といえば柿渋石鹸です。柿渋は消臭、雑菌効果に優れています。
他にも雑菌対策として薬用石鹸などもオススメですね!

 

・わき毛を剃る
ワキ毛が長いとニオイが拡がり、ニオイを発するエリアが広くなります。また、汗を溜めやすく雑菌や汚れも残りやすいです。一般的に腋毛が濃い人はワキガがきつい傾向にあります。

 

女性はワキガを剃る、脱毛する、男性はワキ毛をカットするなどしておきましょう。

 

・病院へ相談
遺伝的要因、異常なまでのニオイを感じる場合は一度病院で相談してみましょう。

ワキガのニオイ・セルフチェック方法

ワキガのニオイを自分でチェックする方法をご紹介します!

 

自分でちょっと脇からニオイがするかも・・・と思った場合・・・、他人は貴方が感じているニオイの数十倍はキツイ臭いを感じています!!(自分の体臭は自分ではわかりにくいので・・)

 

特にワキガの場合、自分自身は鼻の位置から遠い位置にあるので他人が感じる臭いよりも弱く感じます。また、自分の体臭は「慣れ」な部分もあります。自宅の臭いは自分の家族は感じませんが、他人の家の香りはわかりますよね。あの感覚です!!

 

ということで、自分自身ではワキのニオイを感じていなくても、他人からはワキガ?と思われているかもしれませんので、自分でできるワキガのセルフチェック方法で一度チェックしてみてください!

 

ワキガ・セルフチェック

・耳アカが湿っている
・シャツや下着のワキ部分に黄ばんだシミが目立つ
・シャツの首裏が黄みやすい
・脇毛が濃い
・ワキの下に汗をかきやすい
・家族にワキガ体質の人がいる
・タバコを吸っている
・毎日の食べ物に肉類、油類が多い
・太っている
・定期的に運動していない
・ベタベタした汗をかく

 

最もわかりやすいのチェック方法は耳アカの種類とシャツのワキ染みをチェックする方法ですね。(襟元の黄ばみが多い人も注意が必要なようです。)
耳垢がドライ(カサカサ、カリカリしている)ならワキガ体質ではないようですが、湿っている耳垢ならワキガの可能性大といわれています。

 

ある程度の年齢になった女性、男性の場合はワキガに加えて、加齢臭にも注意をしておきましょう。ワキガと加齢臭は別物ですが、どちらも・・・となるとスメルハラスメント・・・スメハラになってしまいます・・・。

女性は特にワキガに気をつけて・・・

脇の臭いは、女性の方が悩みが多くワキガ対策アイテム購入者も6割りは女性と言われています。
特に生理、出産などホルモンバランスの崩れやすい女性は体臭・・・とくにワキガも臭いがキツイとされてます。

 

春〜秋にかけて薄着になる機会が多いので女性の場合は特に自分のワキの臭いに敏感ということもありますね。実際、ワキ毛の処理をして薄着の状態でもワキ汗、分泌物が乾燥すると臭いを発します。空気を通しやすいからワキはサラサラするのでは?と思いがちですが、ワキの臭いが気になる季節は空気中もジメジメしていて、汚れやホコリ、油分も空気中に漂っています。

 

午前中サラサラしていても時間とともに汗、分泌物と同時に、空気中の汚れが付着しやすい季節は、根本的にワキの汗を抑え、臭いの元となる雑菌や汚れが付着しにくい成分のクリーム等を利用するのがワキの臭いを抑えるのにオススメですよ♪

 

女性の場合は、ムダ毛や臭い、汗などに男性よりも厳しい目線が向けられます。
ストレスも多いとは思いますが、「日本人だからしゃーないわw」くらいの気軽な気持ちで毎日の臭い&汗ケアしていきましょう(・∀・)